Halloween

f0192460_17204976.jpg

10月31日はハロウィン



私が小学生の頃、ハロウィンの時期になると毎年
祖母が(かぼちゃに顔が描かれた)お菓子BOXをくれました。
あの頃、ハロウィンの知名度は相当低かったと思うのですが
祖母はハイカラな人で、そういうことが大好き。
私はハロウィンがいったい何なのかも知らず、ただ単純にお菓子が嬉しくて喜んでた。
ここ数年で、秋になると至る所で顔が描かれたかぼちゃを目にするようになったので
その度にあの嬉しかったお菓子BOXを思い出します。

祖母は洋服も鮮やかな色やデザインのものを好み
私が学生の頃、二人でショッピングにでかけると
私がシンプルな色やデザインのものばかり選ぶので
「もっと華やかなものを着なきゃ!」とよく言われてました。

祖母とは、ほんとうによくお出掛けしました。
子供の頃は、海、祭り、遊園地、公園・・ 数え切れない程。
思春期に入ってからも、ショッピングにお茶にランチ。
祖母自身も、私が「このお店良かったよ。」と誘うことを
楽しみにしてくれたいたように思います。

今年で84歳になった祖母。
足が悪くなってしまったため、なかなかお出掛け出来ないし
何より、私が県外に暮らすため、顔を見にもなかなか行けず。
そのことを思うといつも胸が痛むのだけれど

祖父と祖母がよく言ってくれてた言葉・・
mitubaちゃんがいつも元気で、自分の毎日をきちんと歩いてくれていることが
何よりのおじいちゃんおばあちゃん孝行なんだよ。

この言葉を思い出し、しゃんとした気持ちになります。
父は建築士、母は保母で忙しかったため、おじいちゃんおばあちゃんっ子だった私に
たくさんの愛情をくれた祖父母。ありがとう。いつも感謝してます。
二人が教えてくれたたくさんのことを胸に
いつも前を向いて 不器用だけど 私なりに 歩む日々です。


[PR]
by mituba_tt | 2008-11-01 23:12 | わたしの日々
<< 半島へ 寝顔 >>