誇り

f0192460_2322395.jpg

お散歩中の空。



年配の方が我が子のことを自慢気に話す光景。
顔をくしゃくしゃにして誇らしげに笑う顔。
私は昔からこの顔に弱い。
自分が子供を授かってからではなく
ずっとずっと若い頃から、この笑顔に弱い。
嬉しそうに話す顔を見ると、何だか私まで嬉しくなる。
家族のこと、我が子のことを嬉しそうに話す人の顔は
とってもとっても良い顔をしていると思う。

いい歳をしたおじさんが、いい歳をした息子の話を嬉しそうに話す。
煙たく思う人もいるようだが、私はその話を聞くのが好き。
いつまでたっても、いくつになっても、我が子は我が子。
かわいくて仕方が無いのだろうな~っと何となくホッとしてしまう。

私が結婚する時、旦那くんと私抜きで
両家の両親が食事をしたことがあった。
( 今思うとなんでだ?・・と思う不思議な光景・・。)
その時、父は私のことを
兄妹の中で1番やさしい。本当にやさしい子で・・と話し
子供の頃、とってもとってもかわいくて・・
(今は?・・ ま、いっか。)
と、それはそれは嬉しそうに話していたそうだ。
結婚して2年経った年のお正月
旦那くんの実家で過ごしていたとき
義母から初めてそんな話を聞いた。
口下手で照れ屋で不器用な父。
そんなこと言われたこと1度もなかった私は
少し照れくさく 「ほんとですか~?」 なんて言いながら
内心はもの凄く嬉しかった。

父もその時・・
いい歳をしたおじさんが、いい歳をした我が子の話を嬉しそうに話す。
あの笑顔をしていたのだろうか。

その話を聞いてからというもの
そんな光景、そんな笑顔を目にすると
なんとなく父を思い、なんとなく微笑んでしまう。
そんないい歳をした娘なのでした。

[PR]
by mituba_tt | 2009-02-16 23:01 | わたしの日々
<< ぶくぶく Valentine >>